私がルアー初心者の方におすすめのポイント(場所)として 港の外 と以前お伝えしました。

ここは難しいことを考えなくても釣れる条件が揃っています。以前にも書きましたが、ここではとにかく釣れます。

ただし、こちらの気配を気づかれないように細心の注意を。魚は人間が思っている以上に敏感です。

 

参考記事

今回は私が考える「大物の魚とその狙い方」について書きたいと思います。初心者の方が今後大物を狙うならぜひ読んでみていただきたいです。前回のお話で触れた釣り場でのちょっとした「気遣い」にも大いに関連しています。私は小さな頃からいろいろな釣りを楽しんで...



スポンサーリンク

実はまだお伝えしていないことがあります。

「港の外」と言ってもすべてがいいわけではないんです。港には両サイドがありますよね?そして港を取り囲むサーフ(浜)の潮の流れというのはだいたいどちらか一方向になっています。ですから港の外と言っても下の図のように潮の流れに違いが出てくるわけです。

surf09

上の図で言うと右側が私が 初心者におすすめするポイント です。

今後私がお伝えするであろう他のいろいろなポイントで言えることですが、魚は潮の当たる面にいることが多いです。左側でも攻め方がありますが、それはまた後日説明しますね。

 

で、ルアー初心者の方だと潮の流れなんて、よくわからないですよね。そんなときはその辺に落ちてる流木でも流してみてください。(ゴミはやめましょうね^^)その流れる方向を見ればわかります。

流れと言っても川のような流れでなくてもいいです。投入した流木か何かが10秒待ってみて4,5メートルくらい動いてたら十分です。2,3メートルでも悪くないですよ。(この速さは潮の干満などそのときどきの条件で変化します)

今後もこのブログでお伝えしていきますが、そのような流れのある場所を見つけたら色々な条件(季節、潮位、風向き、温度など)のときにルアーを投げてみましょう。きっとそこで魚が釣れやすい条件というのがあります。それを自分を探すのもルアーフィッシングの楽しみです。

 

とりあえず、ルアーを投げてみましょう。どんなルアー、ロッド(竿)、ライン(糸)がいいのかなど装備に関してはまた今度お話しします。

 

関連記事

 ってなわけで、いろいろと試した結果一番分かりやすく釣りやすいポイントがあることに気づきました。それはどんなところかというと… 「港の外」 普通は港の中でルアーを投げますよね?港の中でもいろんなポイントがあるかと思います。私もいろいろと...

 

 港の内側でも外側でもいいですが、潮の当たるポイントでルアーを投げると釣れやすいです。私が水の中を泳いで見てきたわけではないですが、以前にも話したように浮き釣りをしているとなぜかこのコースで小魚のアタリが頻繁にあります。そしてこの場所でシーバ...

 

以前、私のおすすめのポイントである港の外についてお話ししました。今回はもう一つおすすめのポイントを紹介します。それは ヘッドランド です。 出典:茨城県HP※釣り太郎は茨城在住ではありません。これは釣りのポイントとしてけっこうネットのいろんなところで紹...

 

 以前、港のポイントについて書きましたが、潮の当たる場所というのは一つのポイントになります。 関連記事⇒ 【港のポイント】潮の当たる場所このとき、 “潮がしっかり流れている時間” を選んでルアーを投げると魚が釣れる確率があがります。例えば、下の...