sunset-647651_640

 

ヒラメは滅多に釣れない

でも、

場所によっては簡単に釣れる

 

これが、私がしつこくしつこく、ねちねちねちねちとヒラメを狙い続けた実体験からわかったことです。

ヒラメをルアーで狙おうと思っている初心者の方、釣れないと頑張っている方、参考になればと思って書いてみます。

私も最初の頃はヒラメがまったく釣れない日々を過ごしました。一人ぼっちのルアーマンの釣り太郎は釣り友達がいませんでした。あの頃、とにかく情報が欲しかったです。こんなお話が聞ければよかったなぁ、という話になるように私の体験を思い出しながら書いてみます。



スポンサーリンク


 

私がインターネットで「サーフ(浜)からヒラメがルアーで釣れる」と知ってから、道具を揃えてたったの三日後に初めてルアーで魚が釣れました。しかもそれがヒラメでした。

 

本当にルアーで釣れた!サーフで初めてのヒラメ!
~ この一枚がすべての始まり ~忘れもしません。11月3日。私にとってこのヒラメは本当に特別なヒラメでした。嬉しくて嬉しくてすでに暗くなった浜辺に膝まづき、一人で何度も何度もガッツポーズをしてました。本当に興奮しました。インターネットで「浜からヒラメが...

 

 

本当に嬉しかったです。

意外と簡単に釣れたので、この調子で釣り続けたら1ヶ月もあれば10匹は釣れるとその時の私は本気で思っていました。

後になってわかりましたが、これが本当にビギナーズラックでした。

 

その後、半年ほど、私は本当に “鮃バカ” になりました。ほぼ毎日出社前の2時間、夜明け前から近所のサーフへ出かけました。まさに釣りバカ日誌のハマちゃん状態でした。

 

出社すると、いつもまわりの同僚が言ってました。

「今朝も行ってきたの?」

「すごいなぁ。よく体力もつなぁ。」

「もう釣りバカだなー。」

でも浜ちゃんのように魚臭くなることはありませんでした。そうです、釣れなかったからです。なんと約半年間もヒラメが釣れない日々が続きました。

 

私は近所のサーフにこだわりました。実は私の家から車で1時間ほどの場所に、この辺では有名なヒラメがよく釣れるというサーフがありました。でも私はそこには意地でも行きませんでした。

 

何が何でもここでもう一匹釣ってやる!

 

悪い性格が出ました。^^;

おかげで、貴重な体験というか経験ができましたが・・・。

 

インターネットで調べたり、本やDVDで勉強しましたが釣れません。

 

ルアーの『種類』が悪いのか。

ルアーの『カラー』が悪いのか。

 

10種類以上の有名なルアーを試しました。ミノー、バイブレーション、メタルジグ、ワーム、スプーン、その他いろいろ試しました。さらにそれぞれで数種類のカラーを試しました。釣り方もただ巻きだけではなく、トゥイッチやリフト&フォール、ストップ&ゴーなども取り入れました。ルアーを引くレンジ(泳ぐ深さ)もいろいろと試しました。

とにかく試行錯誤を繰り返しましたが・・・

 

ヒラメが釣れません。

 

そして半年後、いい加減に諦めかけていました。そんなときにその日は来ました。

その日、たまたま高価なミノーをやめて、比較的安価なジグヘッド+ワームを投げて、ものすごく適当に投げていました。すでに私の集中力はほとんど切れていました。

広いサーフを散歩のように歩きながら、ルアーのレンジも気にせず、ジャカジャカただ巻きをしていました。

すると波打ち際で、

モフッ・・・

と重くなりました。

 

あ~、海藻か。メンドクサイなぁ。

 

と思って竿をグィーっと上げると、糸が ぐぃんぐぃん と引っ張られました。

 

魚だ!!!

 

とても慌てましたが、落ち着け落ち着けと自分に言い聞かせて魚とやり取りをし、寄せ波にのせてランディングに成功しました。波打ち際には40ほどのヒラメがビチビチいっています。そして、喜ぶのも束の間、私はヒラメをルアーから外しすぐに同じ場所にルアーを投げました。何かの情報で “ヒラメは複数(ペア?)で行動する” と見たことがあったからです。



スポンサーリンク


すると1投目、まったく同じ場所で、

 

モフッ・・・

 

同じように魚とやり取りをしてランディングに成功しました。

 

dsc_1249

 

半年間釣れなかったヒラメが、たったの10分ほどで2匹釣れました。

釣れる時というのはあっけないものです。

ただ、このときの喜びと達成感はおそらく一生忘れられないでしょう。

 

さて、近所のサーフで晴れて目標を達成した私は、ここにきてやっと、かの有名なヒラメが釣れると評判のサーフへ車を約1時間飛ばして行ってみました。

結果はどうだったと思いますか?

 

呆気なく釣れました。

 

それからもいろいろなサーフでルアーを投げてみたものの、やはり釣れると評判のサーフは釣れます。しかも、ルアーについて難しく考えなくても、ジグヘッド+ワームでとりあえずは大丈夫です。ちなみに評判の聞かれない近所のサーフではその後も相変わらずあまり釣れませんでした。

 

下の記事を書いたのはそんな理由があったからです。

魚のいない近場より、魚のいる遠場
前回、遠浅サーフと急深サーフについて説明しました。 関連記事 遠浅サーフと急深サーフの釣り方については他のサイトでも説明がありますが、どちらのサーフで釣るにしても、私の意見としては初心者の方がまず一匹釣りたいのであれば「魚のいる場所で釣ろ...

 

 

まとめると、

ヒラメが釣れると評判のないサーフではいくら頑張ってもヒラメは釣れません。たまに釣れますが、釣れないと思ったほうがいいです。ここで頑張っちゃうと私のように釣りバカになってしまいます。

魚影の薄い釣れない場所でたくさんの高価なルアーをたくさん消費して、自分の時間を消費してしまうなら、釣れると評判の魚影の濃い場所まで行ってルアーを投げてみましょう。大小問わず地元の釣具店に行って、思い切って店員さんにヒラメが釣れる場所を聞いてみましょう。ヒラメの場合はそれが一番の早道です。

ヒラメは特にサーフによって魚影が違う魚だと思います。後日また書こうと思いますが、シーバスよりもヒラメのほうが地域による魚影の差がハッキリ出ると思います。

 

他にも書きたいお話しが2,3個あるのですが、長くなるので今回はこの辺にしておきます。

 

ちなみにこの時のヒットルアーはこちら↓

おすすめ!