今回は、魚が思ったより近くにいることを実感した一つのお話をします。

 

e382b9e382bae382ad65



スポンサーリンク

会社帰りに近くのサーフへ立ち寄り、ウェーディング(ウェーダーを履いて波打ち際に入り込むこと)をしながらルアーを投げていました。

そこは遠浅のサーフで、沖50mくらいで波が起こり、そこから岸側に向かって数十mにわたって海面にサラシ(波でできた白い泡)が広がっているような場所です。

 

e5a495e697a5e381a8e981a0e6b585e382b5e383bce38395

 

私はひざ下くらいまで海に立ち込んで、波が起こっている場所(ブレイクライン)に向かって一生懸命ルアーを投げていましたがなかなか釣れず、、、飽きました。

 

そこで、沖ではなく真横のサラシの中に投げてみました。



スポンサーリンク


私のひざ下くらいですから岸から数m、水深は30~40cm程度です。ルアーは アイマ サスケ 裂波 120 レッドヘッド でした。

 

 

 

サラシの中にルアーを投げてリールをゆっくりと巻いてきて、自分のところまであと10mほどというところで突然リールが巻けなくなりました。と同時に竿先がサラシに向かって引き込まれました。

サラシの中をラインが縦横無尽に力強く動き回っています。

ドラグがジジジと心地よく出ていきます。

数分のやりとりの末、浜辺にあがったのが冒頭のスズキ(シーバス)65cmでした。

 

今回は沖からルアーを引いてきたのではなく、岸沿いにルアーを引いてきてのヒットでした。

「こんなにも岸寄りに大きな魚が泳ぎまわっているのか!」と改めて驚いた一匹でした。

 

大きな魚は深いところに、小さな魚は浅いところに と思いがちですが、そうでもないということはサーフでルアーを続けていると経験することと思います。足首くらいの水深のところで座布団ヒラメが釣れたということも聞いたことがあります。

 

初心者の方は深いところでなければ釣れないという先入観をひとまず置いてみるといいかもしれませんよ。

 

関連記事

波打ち際で釣れたヒラメ 2匹(37cm、42cm)私がサーフ(浜)でルアーを始めてみてわかったことがあります。思っていたよりも波打ち際で釣れるということです。それも膝下くらいの浅い場所です。そんな場所でシーバスやヒラメが釣れるんです。上の写真のヒラメは二...