kimg1380

 

さて、私がルアー釣りの初心者におすすめしたいポイントですが、なぜここで魚が釣れやすいのか考えてみましょう。



スポンサーリンク

シーバス(スズキ)やフラットフィッシュ(ヒラメ、コチ)をルアーで釣るために書かれた本やサイトを見れば、魚がいる場所(ポイント)の特徴、どんなルアーをどのように投げればいいのか、または潮の干満とヒット率との関係なんかについても書かれています。そこに書いてあることはきっと正しいです。ルアーをいろんな場所で楽しみながら、自分なりにもっともっと極めたいというのであれば大変参考になるサイトがたくさんあります。

 

私のブログでは、私の経験したこと、それから私独自の意見しか話せませんから、いろいろなサイトをご覧になることでご自分で納得のいく情報を得られるとよいと思います。下のサイトから人気のブログがランキング形式で見られますのでご覧になってみてください。ブログ村のほうが断然ブログの登録数が多くて情報が豊富だと思いますよ。

 

⇒ ブログ村
⇒ BLOG LANKING

 

ルアーフィッシングでのいろいろな情報がありますが、私のおすすめするポイントには、難しく考えなくても釣れる条件がすでにほとんど揃っているんです。だからとにかく投げたら釣れる場所なんです。それでいて、グーグルマップで自分の住んでいる地域を眺めてみれば、近くにこのような場所は必ずあるはずです。まずはここで釣ってみて、なぜ釣れるのか自分なりに考え、それから新しい場所(ポイント)を開拓していってみてはいかがでしょうか?

 

私がおすすめするポイントには、

  • 潮の流れが港の際にぶつかり、沖に向かって流れていく
  • ベイト(餌となる小魚)がその潮に乗ってやってくる。またはベイトが住みつく場所(テトラなど)がある。
  • ベイトを食べるフィッシュイーター(シーバスやヒラメなど)が隠れて待ち構えられる場所(テトラなど)がある。
  • 水深が深すぎず、ルアーを表層、中層、低層のどの層に泳がせても魚がルアーを見つけられ食いつくことができる。
  • 潮の干満に関係なく常に流れがあり、常にフィッシュイーターが潜伏している。
  • フィッシュイーターを釣りあげても、広い海からすぐにまた新しいフィッシュイーターがやってくる。(時間をおけばまた釣れる)

という特徴があり、こちらから探さなくても釣れるための条件がほぼ揃っているんです。だから初心者の方におすすめしたいです。



スポンサーリンク


fisheater(シーバス、ヒラメ、コチなど小魚を食べる魚)

bait(餌となる小魚)

surf07

 

本やサイトで紹介されているルアー釣りというのは、広大なサーフ(浜)や港のあらゆる場所から、上に書いたような条件を自分の知識と経験を生かして探し出す作業です。そこがルアー釣りの醍醐味なのですが、初心者にはよくわからないところなんですよね。そしてその醍醐味を知る前に「やっぱりルアーは釣れないからルアー釣りをやめてしまおう…」という方は非常に多いと思います。

 

まずは一匹、釣ってみましょう。そしてルアーで釣るという楽しさを感じてほしいと思います。私のブログがその役に立てればと思います。

 

次回は、私のおすすめのポイントでの釣り方について、もう少し突っ込んだお話をしてみましょう。

 

関連記事

私の釣りスタイル②(ロッドについて ~私がロッドにこだわらない理由~)
先日殉職させてしまったロッド(竿)ですが、実は私のロッドやリールは低価格品です。大手釣具店でロッドとリールのセットで1万円以内で売ってたものです。(正確には8,000円以下でした^^;)さらに、実は今回殉職したロッドは3年ほど前に購入した3代目です。3代と...