e69591e58aa9e38398e383aa

九州は熊本大分の震災で大変な思いをしている被災者のみなさんが一日も早く普段の生活に戻られることを祈っております。私の住んでいる地域は全く違う場所なので何もできません。せめて家族で募金をさせていただきました。どうかしっかりと活用されますように…。

 

また、以前より九州地方から釣り太郎へお便りをくださっていた皆様、震災の被害に遭ってはおられないでしょうか。お怪我などはないでしょうか。またいずれ生活も落ち着いて釣りに行ける日がくるといいですね。それまでどうぞご自愛くださいませ。



スポンサーリンク

以前下の記事でも書きましたが、港のテトラポットに乗っての釣りは危険だと私は思っています。港に行くと当たり前のようにみなさんテトラに乗って釣りをしていますが、私はそれを見るたびに大丈夫かなぁと心配になったりします。

 

e38386e38388e383a9e3839de38383e38388

 

夜の港で海に転落して小心者になった私が注意している5つのこと
夜の港で海に落ちてからというもの、私は釣りでの安全や危険についてよく考えるようになりました。  関連記事  『危険な可能性はあるけど、自分にはまず起きないだろう』 と思っていることは、『思いもしない時に思いもしない形で訪れる』。&nbs...



スポンサーリンク


 

単純に滑って落ちてしまうことも考えられますが、実は前から思っていたことが1つあるんです。そうです、テトラの上で立って釣りをしているときに今回のように大地震が来たらどうなるかです。震度7までなると普通の場所でももう立っていられないそうです。これがもしテトラポットの上だったらどうでしょう。

ガクンッ!!

と来た一発目の揺れでバランスを崩して落ちてしまう可能性が大きいです。震度5~6以上の地震を経験されたことがある方ならわかると思いますが、思ってる以上にけっこう激しく揺れますよね。(実は釣り太郎も経験があるのです。)

だから、強い地震がきた時、運よくテトラの上に踏みとどまれたとしても、いつまで必死にテトラにしがみついていられるかわかりません。最悪の場合はテトラごと崩れてしまうことだってあるかもしれません。

今回の地震で私は改めてそのようなことを考えました。

自分だけは大丈夫と思わず、危険からは自ら近寄らないようにしたいものです。