3368

 

まるで海の宝石みたいや~♪

 

私が幼い頃はよくアイナメ(アブラコ)を釣ったものです。私の地元ではアイナメの魚影が濃く、50~60cmの良型もよく釣れました。ですが、今住んでいる地域はアイナメが釣れません。釣れても小さいです…。

なんだか猛烈に故郷のアイナメが食べたくなり、実家の父に電話しました。親のスネは私にガリガリとかじられ生傷が絶えません(汗)。スネかじり釣り太郎です。

 

数日して届きました!

我がお父上、ありがとう(^-^)

3381

 

「私と釣り」の中でも書いてますが、釣った魚を食べるまでが私の魚釣りです。食べる分だけ釣り、家に持ち帰って食べます。昔からそうしているうちに自分で魚のさばき方を覚えました。

結婚した今となっては魚をさばいた後のゴミ処理までしっかりやらなければ、妻から 「釣った魚を持ち帰ってこないで!!」 と言われるので最後までちゃんとやってます^^;

どんな魚もカラダの基本的な構造は同じなので、さばき方はだいたい同じです。シーバスも同じ要領でさばいています。(ヒラメやマゴチなどのフラットフィッシュはちょっと違います)

 

せっかくなので今回は刺身をつくるまでのさばき方を書いてみます。刺身の場合は皮を剥いじゃうので鱗を取らなくても大丈夫です。

やることは下の6つです。

 

  1. 頭と内蔵を取り除く。
  2. 背中から中骨(※1)まで切る。
  3. お腹から中骨(※1)まで切る。
  4. 皮を剥ぐ。
  5. ハラモ(ハラス)を切り除く。
  6. 身を薄く切る。

※1 中骨とは、頭からしっぽまで走る一番ぶっとい骨のことです。

 

ではいってみましょ~!適当に見てみてください^^



スポンサーリンク

1. 頭と内臓を取り除く

頭と内臓を取ったら綺麗に水洗いしておきましょう。

3382

 

2. 背中から中骨まで切る

まずは背中にスーーーっと切れ目を入れます。(しっぽのほうまで)

3383

 

背骨に包丁を這わせるようにして、スッ スッと背骨と身を分けていきます。(しっぽのほうまで)

3384

 

3. お腹から中骨まで切る

背中側と同じ要領で、背骨に包丁を這わせながら背骨と身を分ける感じで包丁を入れていきます。

3385

 

ある程度身が切れたら下の写真のようにして、包丁を背骨に這わせながら尾びれに向かって切り抜いちゃいます。

3386

 

こんな感じでぱっくり切れます。

3387

 

あばら骨の根本(黄色ライン)で切ります。

3388-2

 

そうすると片面の身が綺麗に取れます。

3389

 

こんな感じで。

3393

 

4. 皮を剥ぐ

後ろから1cmくらいの身を残して皮を切らない程度に包丁を入れます。

3390

 

1cm残しておいた身をもう片方の手で引っ張りながら包丁を斜めに動かしながら皮と身を分けていきます。このとき包丁を寝かせすぎないように立てすぎないように。45度くらいの角度でスー スーという感じで大きく動かすといいと思います。(写真でわかるかな?)

3391

 

皮が剥がれたら、一旦水洗いしてキッチンペーパーで余計な水分を拭き取ります。

 

5. ハラモ(ハラス)を切り除く

ざっくりとあばら骨のついた部分を切り除きます。切り除いた部分(ハラモ/ハラス)はマグロで言えば大トロです。一番脂がのっている部分です。刺身もいいし、あとで焼いて食べても美味しいです。

3392

 

6. 身を薄く切る

あとは身を食べやすい大きさに切るだけです。

3370

 

おわり

 

どうですか。簡単だったでしょう?^^



スポンサーリンク


醤油につけて・・・・

3369

3368

もう最高です♪

 

アイナメの身は脂がのっていて旨味成分がたっぷりなので甘く、歯ごたえもしっかりしていて本当においしいです。

機会がありましたら是非お試しください。

 

ちなみにもう一匹のほうで妻が煮つけを作ってくれました。こちらは頭を切り落とす前に鱗を取ってあります。

3652

 

美味しいんですが、身が新鮮すぎて味が浸透しきってませんでした。(細胞が元気なので味がしみにくい)

もっと長く煮込むべきか。

いや、それよりなぜ皮に×の切れ目を入れなかったのかと嫁にダメ出ししました。でも美味しかったです。作ってくれたのにダメ出ししてごめんなさい。

 

嗚呼… アイナメ、最高。

 

 

関連記事

キビレ、クロダイを食べる! 港内、河口で釣ったちょっと匂う魚のおすすめの食べ方
 アイマ コモモ125を購入し、河口内シャローでシーバスを狙っていたらクロダイが釣れました。表層を泳がせていたところ ググンッ! と喰らいついてきました。少しの間、力強く小気味よい引きを楽しみながらじっくり寄せてランディングしました。 クロダ...

 

イナダのさばき方
 最近はいろいろと忙しく、めっきり釣りに行けない釣り太郎ですが、久しぶりに魚とたわむれました。私の家の近くのスーパーには魚の種類が豊富で見るだけで楽しい魚コーナーがあります。楽しいのでよく見に行くんですが、昨日はイナダがゴロンゴロンと並べられ...

 

釣ったマゴチを刺身と汁でいただきました さばき方と作り方
 今回はマゴチの刺身!  先日釣ったマゴチの刺身を作りたいと思います。(ついでに汁も作ります) 関連記事ではいってみましょ~!!※ 新鮮過ぎる身では小骨が抜けないので半日ほど寝かせて死後硬直させてから作業を開始しましょう。 マゴ...