surfpic01

 

日本語で言えば、「浜でのルアー釣り」ってことですね。

私は サーフ(浜)からルアーでヒラメが釣れる という情報をネットで知るまでは、 ルアーは港の中でやるもの と勝手に思っていました。それまでルアーとは無縁だった私は、サーフでルアーをしている人たちがたくさんいるということにとても驚いたことを覚えています。



スポンサーリンク

今となっては、私はこのサーフでのルアーフィッシングが大好きです。港や河川などの人工建造物と違い、自然の中にどっぷり入り込んで、眼前に広がる海に向かって思いっきりルアーを投げられる解放感。自然の中から自分の知識や経験を生かして、自然に泳いでいる魚(シーバスやヒラメ)とやり取りができる喜び。それからなんと言っても自らの手で浜辺に釣り上げるランディングの瞬間が好きです。

 

港の釣りでは最終的にネットなどで魚を捕獲しますが、サーフの釣りでは浜へズリ上げます。そして波打ち際でベチベチと踊る魚を自分の手でキャッチするんです。なんというか、原始的というか私の狩猟本能のようなものを刺激するわけです。まさに『釣ったど~!!!』ってなるわけです(笑)

 

私がサーフでルアーを使って釣った初めての魚はヒラメでした。釣り上げた時の疲労感、爽快感、達成感、すべてが新鮮でした。まだ港でしかルアーをやったことがないという方は是非サーフでもルアーを投げてみてほしいと思います。そして、このブログが少しでも参考になればいいなと思います。基本的に私のブログはそんな初心者の方がまず一匹釣れるような、お手伝いができるようなブログにしたいと思っています。

 

関連記事

 もともと釣り好きだった私ですが、釣りと言っても針に青イソメをつけて、いわゆる「ぶっこみ釣り」や「浮き釣り」で釣る程度。もちろんルアーという選択肢があることは知っていましたが、そのときの私はルアーに対する印象は以下のような感じでした。   ...

 

~ この一枚がすべての始まり ~忘れもしません。11月3日。私にとってこのヒラメは本当に特別なヒラメでした。嬉しくて嬉しくてすでに暗くなった浜辺に膝まづき、一人で何度も何度もガッツポーズをしてました。本当に興奮しました。インターネットで「浜からヒラメが...