最近、地元で有名な河川のポイントにチャレンジしています。

基本的に私は他の釣り人がたくさん来るような場所では釣りをしないタイプで、自分でマイポイントを開拓して人知れずこっそりルアーを投げるというタイプなんです。

なのになんでそんな有名なポイントで釣りをしているかというと、最近マイポイントが全っ然釣れないからです(^^;)

いや~見事に釣れない!原因はポイント近くで河川工事をしていて土砂が入り濁りまくっていたり、雨で流れた大量のゴミで釣りどころじゃなかったり、まぁ現場のコンディション自体最悪なんですが、それでもなんとか釣ろうとあれやこれや粘ってみるもののダメ。



スポンサーリンク

メジャーポイントで釣りをしてみる

気分転換にと思い、みんなが釣っている護岸された足場の良い静かな河川のポイントで私も釣りをしてみるのでした。

初日は夜に行ってみました。

数人の釣り人らしき人影が見えてました。他の釣り人達は足場の良い見晴らしの良い場所を選んでいるようでしたが、私はちょっと足場の悪い、それでいてちょうど両岸が葦で挟まれているポイントを見つけルアーを投げました。

↓こんな感じで。

シュッ! ぽちゃ

 

クルクルクル… グググッ!!

 

一投目でヒット。

と、ここで実は一緒に同行して後ろで見ていた友人にバトンタッチ。私はラインを張りながら「ライン張ったままで!」と言いながら友人に竿を渡したものの、釣りに慣れていない友人は竿を受け取るやいなやラインを緩めまくり。挙げ句には「あ、バレた。あ、ついてる!あれ?バレた?あ、やっぱりついてる!」とか言ってる始末。次の瞬間には案の定、魚はバレてどこかに行ってしまいました。私の感覚ではおそらく50~55cmくらいのシーバスでした。

また釣れるかな~と思いながら、しばらくルアーを投げるもアタリなし。

 

そこで今度はちょっと狙いどころを変えて、葦の茂る岸沿いを狙いました。

↓こんな感じで。かなり葦の際ギリギリを狙ってます。

手前(5メートルくらい)の茂みの前をルアーが通過したころにググググッ!とヒット。が、なかなかの大物だったので一気に引き抜きました。ウソ、小さかったので簡単に抜き上げちゃいました。

25cmくらい?



スポンサーリンク


もっと大物が釣りたい

なるほど。そんなに大きくないけど、ここの川は確かに人気があるだけあるなー。こりゃ大物が釣れるのも時間の問題・・・と思っていたら、その日はその後も30分ほどルアーを投げてみるも、そのまま何も釣れずに終わり。

 

なんか悔しいので、数日後、同じ川で夕間詰めを狙いに行きました。

見渡せばたくさんのルアーマンがピュンピュン、ルアーを投げています。ですがどこでも釣れている気配がありません。そして私も同じく釣れませんでした。

 

なんか悔しいので、一度家に帰り、そのまま次の日の朝間詰めを狙いに行きました。

暗いうち(3時頃)から川でルアーを投げてみました。さすがに周囲には人の気配はありませんでした。「こりゃ独り占め状態。釣れたも同然だぜぇ。」なんて思いながらルアーを投げるも反応なし。結局太陽がオレンジ色から黄色になるほど高くなるまで粘ってみたけれど惨敗。

 

なんか悔しいので、数日後またもや朝間詰めを狙いに行きましたが、同じように何の反応もなく終了。

なんか悔しいので、数日後またもや朝間詰めを狙いに行きました・・・・・が、やはり何の反応もなく終了。

 

アカン。

 

完全に歯車狂っとる。

 

んんんんん~!こんなときはもうあそこに行くしかない!

 

『河口!』

 

釣れない!困った!どうしよう!

 

「そうだ、河口に行こう!」

 

ということで、なんか悔しいので、数日後の朝間詰め、私は思い切って、普段はあまり行かない一級河川の河口へと向かったのでした。

 

やはり、河口はよかった。行ってよかった。そんな河口での釣行を次回書きたいと思います。

 

つづき

>>  『困ったときは河口へ行け』を実践してみた