e382b7e383bce38390e382b980cm-5

 

先週土曜日の釣果です。



スポンサーリンク

週末、ちょうど長く続く雨の合間に数日晴れ、水の濁りも少し収まってそうだったので例の葦の茂る川に行ってきました。前回浮き釣りをしたあの場所です。

 

葦の茂る川についての関連記事

葦の茂る川岸を狙った理由 そこは豊富な生態系があり、生態系の頂点であるフィッシュイーターも集まるポイント
前回の河口内シャローでは川岸の植物の際を狙って釣果がありました。 ここを狙う理由は私の好きな “うなぎ釣り” の経験によります。 うなぎという魚は実は獰猛で雑食で何でも食べます。ミミズ、カニ、エビ、小魚なんでも食べます。私もいろいろと試しまし...

 

次々釣れた♪ 河口内シャローで浮き釣り
 昨夜は久しぶりに会社の同僚と前回とは違う河川の河口内シャローに出掛け、のんびりと浮き釣りをして楽しみました。餌は青イソメ、浮き下の長さは1mほどとかなり短いです。今回釣りをした河川には岸辺に葦が生い茂っています。以前の記事でも話したように、こ...

 

 

e382b7e383bce38390e382b980cm-1

 

80cmぴったんこのシーバスが釣れました。

e382b7e383bce38390e382b980cm-2

e382b7e383bce38390e382b980cm-4

 

今回は、このブログで初心者の方におすすめしているアイマ コモモのレッドヘッドを使ってみました。なんだかブログでおすすめしているくせにいつもレッドヘッド使ってなかったので、今回はあえて投げてみました。

 

e382b7e383bce38390e382b980cm-3

 

レッドヘッドは以前こちらでおすすめしました

浜の2種類の地形(遠浅サーフと急深サーフ)
サーフってのは “浜” ってことですね。簡単なようですが私が初心者だった頃はこの横文字にピンと来なかった覚えがあるので一応ご説明を。私もルアーを始めるまであまり意識したことがなかったんですが、サーフの地形には実は大きく分けて2種類があります。けっこうこ...

 


 

現場に到着して、まず感じたこと。

 

「 こりゃ釣れる。 」

 

川幅80mほどで、見渡す限り上流から下流まで岸に沿って背の高い葦が覆っています。風はほぼなく、月が雲にうっすら隠れて水面を照らしています。川の水は早すぎない速さでとうとうと流れています。人工の光は500m上流に掛かる橋に見える街灯と、その橋を時折通る車のライトだけ。

自然の中に私一人です。

なんというか雰囲気が、静かな水面の下で大きな魚がうごめいている、そんな感じでした。そのとき私は “結果は早い” と感じていました。今後も機会があれば話そうと思いますが、人間の五感というのはすごいもので、釣りにおいてもいろいろと経験すると直観というものが鍛えられるようです。

 

一投、また一投と、 「 くるか… くるか… 」 と思いながら息をひそめるようにルアーを泳がせませした。

7,8投目、10投もしていないと思います。着水して10mほど巻いたところで、

 

グッ ググンッ!!!



スポンサーリンク


一気にラインがぴんと張られると同時に手元にずっしりと重量感を感じました。

反射的にあわせを入れ、竿を立てた時点で70cmオーバーは確実だと思い、再度グイッと強めにあわせを入れました。そこからはもう焦る必要もなく、トルクの効いた走りを何度も感じながら、十分に逃げさせては巻くを繰り返し、ゆっくりと近づけてランディングに持ち込みました。

 

関連記事

ルアーでヒット!その後のやりとり
 釣り太郎です。こんばんわ。 さて、今回はルアーでヒットした後のやりとりについてお話ししたいと思います。本当を言うと、釣れた魚の種類や大きさによって対処の仕方が違うのは当たり前なのですが、そうは言ってもルアーでシーバスやヒラメ、コチを釣っ...

 

 

ランディングに入るところでハプニング発生。サーフでも港でも河川でもランディングは何が起こるかわからないのでいつも集中するところです。弱っていたと思っていた魚が急に最後の力で走り出しました。そしてなんと、私の股の間を泳いで抜けていきました。このままでは私のオマタにラインが引っかかって切れてしまいます。慌てて片足を目いっぱい上げて、お相撲さんのように四股を踏んでかわしました。

その後、無事にランディング。

 

家に持ち帰り、さばきました。

川に入ったシーバスはサーフと違い、少し鱗の色が黄色っぽく濁っており、独特な匂いがするものです。ですが今回のシーバスは匂いもなく、刺身でも美味しくいただくことができました。おそらく最近の雨で増水した時に海から川に入り込んできたのかなーと勝手に思っています。

 

シーバス(スズキ)の刺身

e382b7e383bce38390e382b9e588bae8baab02

 

自己主張のない素直な旨味。パクパク食べちゃいます☆

(もういっちょ)

e382b7e383bce38390e382b9e588bae8baab01

 

とにかく今回も自然の恵み、家族みんなでいただきました。ありがとうございます。

 

ちなみに今回も魚拓を取りました。また一つ釣り太郎の大切な思い出ができました。

e9ad9ae68b93e382b7e383bce38390e382b980cm

 

関連記事

釣り太郎流 超簡単魚拓の作り方
前回の記事で釣った81cmのシーバスの魚拓をとりました。 今回は 釣り太郎流の魚拓の取り方 をご紹介します。 まず言っておきますが、今回の魚拓は失敗でした~(汗)ちょっとね、墨の塗り方雑すぎて・・・汚い(^^;こんな感じで作ってるんだ~という感...

 

 

あ、そうそう、コモモのレッドヘッドでちゃんと釣れるってわかってもらえました?(笑)