~ 釣れない ~

私もルアーを始めた初心者の頃、あまりにも釣れなくて釣れなくて、Googleで 「シーバス ヒラメ ルアー 釣れない」 と何度も何度も検索した覚えがあります。

いつか必ず釣れます。大丈夫ですよ。



スポンサーリンク

このブログのコンセプトは 『初心者の方にまず一匹を』 です。

 

ということで、私が一人ぼっちでルアーをしながら、歩いて走って考えて、投げて投げて投げてわかった情報を一つお伝えします。私がそうであったように、一人ぼっちでルアーを頑張っているあなたに贈る私からのエールです。そしてドラグをジジジ、ジジジ!と鳴らしていただきたいです。

 

ルアーを投げるときにサーフ(浜)や岸壁から闇雲に投げてもなかなか釣れないですよね。釣れないわけじゃないんでしょうけど…。でも、ポイントを絞って投げるとそれまでの苦労が嘘のようにあっさり釣れることがありますよ。本当にドンピシャなポイントでは数投で結果が出てしまいます。

 

そのポイントはどうやって探すのか。

これから紹介するのは先日のゴールデンウィークに私が80UPのシーバスを釣ったポイントを開拓したときの方法です。

 

関連記事

「休日よりも、休日前夜が一番楽しい」釣り太郎です、こんにちわ。 今回の釣果 シーバス 85cm 5.1kg 本日より私もゴールデンウィーク突入となりました。昨日5/1(金)は仕事が終わり、前々から嫁と約束していたようにおうちの事をいろいろやってからい...

 

ゴールデンウィーク前夜に見つけた85cmのシーバスを釣ったポイントにもう一度出かけてみました。一応、前回の釣果の再確認(偶然だったのかどうかを含め)のため、潮位は同じくらいを狙っていきました。 今回の釣果 シーバス 81cm 4.4kg現場に到着し、さっそ...

 

 

まずは大潮のド干潮に河川、河口、サーフなど、釣り場に行ってみてください。

e6b2b3e58fa3



スポンサーリンク


河口の例です。普段はこんな感じ。下から海の潮が入ってきます。上が上流、下が河口です。

e6b2b3e58fa301

大潮ド干潮(普段見たことがないくらい水位が下がります。)

e6b2b3e58fa302

 

ド干潮になると水は深いところに向かって流れていきます。河口部分では海からの波が川の中へ逆流してきます。普段は水面下で見えない本当の地形が見えてきます。“本当の水の流れ”も見えてきます。

普段は全体的に上流から下流へ一方向にただ流れているように見えている場所でも、実は大きな流れがあることに気づきます。

 

e6b2b3e58fa303

 

そして深い流れの中、またはその脇の浅いところのどこかに普段は見えない障害物があることがあります。テトラポットであったり、大きな岩だったり。または実は急に深くなっている場所(かけあがり)があったり。図で言うと青色と水色の境目のようなところ。

ちなみにこのようなかけ上がりの部分を狙ってウキ釣りをすると、けっこう簡単にフッコサイズ(40cm前後)が釣れます。

 

このとき見つけた障害物や地形の変化などのポイントをよく覚えておいてください。

 

あとは障害物が隠れるくらい水位が高い時にその場所めがけてルアーを投げます。ただし、障害物にルアーが引っかからないように工夫してくださいね。障害物の際(きわ)を通すか、真上を通すか、ときにはルアーの選択も大切になります。

 

ちなみに一度やってダメでもまた別の日に何度か投げてみてください。釣れやすい潮回りや潮位があります。あと時期もあります。何度も通って、このような自分のポイントをいくつか持って、「今日は大潮で今の潮位は○○cmだからあのポイントに行ってみよう」、となればもうあなたもルアーの楽しさにハマってることでしょう^^

 

サーフの場合でも同じです。水位が下がると普段よりも地形がよくわかります。かけあがりや根(岩礁など)がどこにあるのかもわかります。そんな場所にシーバスやヒラメはひそんでいます。

 

関連記事

以前に書いた 「ポイント探しのタイミング」 の記事では、大潮ド干潮にポイントを探すことについて書きました。ですが、必ず大潮でなければいけないわけではないです。潮位が低い時ならいつでもいいんですが、大潮の日が一番潮位が下がるのでポイントを見つけやすい...

 

沖にテトラポッドなどが並んだ消波ブロックのあるサーフについてです。普通は外海に面した遠浅サーフに設けられていて、海岸の浸食を防ぐ役目があるそうです。つまり、波によって浜の砂が流されないようにしてるんだそうです。 下のような場所です。こんな場所...

 

 さて、私がルアー釣りの初心者におすすめしたいポイントですが、なぜここで魚が釣れやすいのか考えてみましょう。シーバス(スズキ)やフラットフィッシュ(ヒラメ、コチ)をルアーで釣るために書かれた本やサイトを見れば、魚がいる場所(ポイント)の特徴、...

 

以前、私のおすすめのポイントである港の外についてお話ししました。今回はもう一つおすすめのポイントを紹介します。それは ヘッドランド です。 出典:茨城県HP※釣り太郎は茨城在住ではありません。これは釣りのポイントとしてけっこうネットのいろんなところで紹...