dsc_1171

 

ってなわけで、いろいろと試した結果一番分かりやすく釣りやすいポイントがあることに気づきました。



スポンサーリンク

それはどんなところかというと…

 

「港の外」

 

普通は港の中でルアーを投げますよね?港の中でもいろんなポイントがあるかと思います。私もいろいろと試しました。港の中でも釣れます。ですが、初心者にはいまいちわかりません。

本やネットの情報を参考にしてやってみるものの、ホントにここで釣れるのかなーと疑心暗鬼でルアーを投げ続けることになります。これって初心者にとっては長く辛い孤独な釣りなんですよね。わかります。私はルアーマンの知人もなく、ただのひとりぼっちで始めましたからよ~くわかるんです。

 

そんな私が一番分かりやすくて初心者でも釣りやすいと思うおすすめのポイントが 「港の外」 なんです。

川や湾奥でルアーを投げて釣りをしている方は残念!!というわけでもないと思います(^-^)これから説明する「港の外」と共通する何かしらの条件を見つければ、そこには魚はいるはずですから。

 

さて、では 「港の外」 ってどこでしょう?

港の外側にはたいてい浜(サーフ)だったり岩礁帯があったりしますね。そこで釣ればいいのかというとそういうわけでもありません。港でもなく、その横の浜でもない?

なんとなくわかりますか?



スポンサーリンク


そうです。 港の外の際(きわ) なんです。

これなら近くの小さな漁港なんかでもありますよね?思い当たりますか?ここで私が言う港とは大小問いません。小さな漁港だっていいんです。

 

ルアーマンの方には「そんなの試したことあるし、そんなに釣れない」と言われるかもしれませんが、少しだけ私なりに発見した釣り方があります。やみくもにルアーを投げても釣れません。ちょっとだけコツがあるんです。そこを押さえれば「港の中」で長い時間ルアーを投げるよりは結果が早く出ます。だいたいその場で5回もルアーを投げれば魚がいれば釣れます。

さてそのちょっとしたコツとはなんでしょうか。次回お話ししますね。

 

関連記事

港の外といっても、やっぱりいろんなタイプがあります。 私がおすすめなのはこんな場所です。できれば砂浜または砂利浜が外側に続いている場所の港です。 さて、あなたがルアーマンだとしたらどこに投げますか? こう投げますか? はたまた、こ...