20150205_03

シーバス(スズキ)の身

 

わたくし、釣り太郎は釣った魚は必ず自分でさばいて美味しくいただきますさばいた後のゴミの処理もやります。(そうでなけければ嫁が魚を持って帰るなと…)



スポンサーリンク

ちまたで言うゲームフィッシングと違い、私の場合は “食べるまでが釣り” です。ですから『食べたい魚を食べたいだけ釣ったら帰る』、そんなスタイルです。ゲームフィッシングのように釣ってはリリースするアングラー(釣り人)の方に比べるとダントツに釣った数は少ないと思います(笑)

 

港や浜、川でさえも釣れるものならなんでも釣ります。船はお金がないので行けません…(ToT)

川なら、うなぎ、なまず、渓流魚、鮎、川エビ、蟹、あとはスッポンまでも釣っては自分でさばいていただきます。

 

で、シーバスに関しては、ぶっこみ釣りや浮き釣りでも狙います。コスト面では餌代などが意外とかかるのでルアーのほうに分がありそうです。(ルアーのほうが断然、大物率も高いですし)

 

初めの頃はルアーはあまりつ釣れないものだと思ってましたが、今となってはルアーでも餌釣りに負けないくらいちゃんと釣れるからやってるという感じです。むしろ、大物を狙うならルアーのほうが結果が早い。

 

でも、ルアー以外の釣り(ぶっこみ釣り、浮き釣り)もゆったりと楽しめるし、ルアーにはないコツとかもあって楽しいですよ。

 

やっぱりどの釣り方にも共通して釣れやすい場所や時間帯、温度などという条件というのがあるんだなーというのはわかります。ルアーだけでなく、他の釣り方から得た経験も役に立っています。そんなルアー以外の経験もこのブログで話せたらいいなと思っています。

 

関連記事

 私は“ぶっこみ釣り”や“浮き釣り”も好きです。夜に電気浮きでやることがほとんどですが。シーバス、クロダイ(チヌ)、キビレ(キチヌ)が釣れます。ルアーと違いゆったりと釣りができていいですね。ガスコンロとヤカンを持参して、カップ麺を食べたりコーヒーを飲...

 

先日殉職させてしまったロッド(竿)ですが、実は私のロッドやリールは低価格品です。大手釣具店でロッドとリールのセットで1万円以内で売ってたものです。(正確には8,000円以下でした^^;)さらに、実は今回殉職したロッドは3年ほど前に購入した3代目です。3代と...