前回、遠浅サーフ急深サーフについて説明しました。

 

関連記事

サーフってのは “浜” ってことですね。簡単なようですが私が初心者だった頃はこの横文字にピンと来なかった覚えがあるので一応ご説明を。私もルアーを始めるまであまり意識したことがなかったんですが、サーフの地形には実は大きく分けて2種類があります。けっこうこ...



スポンサーリンク

e981a0e6b585e382b5e383bce38395

 

遠浅サーフと急深サーフの釣り方については他のサイトでも説明がありますが、どちらのサーフで釣るにしても、私の意見としては初心者の方がまず一匹釣りたいのであれば「魚のいる場所で釣ろう!」ということです。なぜか同じ海でも「魚のいる場所、いない場所」というのがあります。(これにはちゃんと理由があるのですが、最初からこれがわかれば苦労しませんよね)

 

魚のいない近くの場所で3時間ルアーを投げ続けるなら、遠くの魚のいる場所まで往復1時間かけて出かけて1時間投げてたほうが絶対に釣れます。



スポンサーリンク


私はルアーを始めた頃、どちらかというと近所の魚のいない場所でひたすら粘るタイプだったので苦労しました^^; 何日も何日も釣れない、ボウズという日が続きました。

そのうち、やっとの思いで魚が釣れて、少しずつ釣れる場所の共通点などがわかってきたのですが、そんな魚がいる場所では今まで釣れなかったのが嘘のようにあっさり釣れてしまいます。

 

ですから、まずは一匹!という方は有名な場所へ出かけて釣ってきたほうが早いです。私のように誰もルアーを投げないような近場のサーフでがむしゃらに頑張って釣り上げてやろう!なんて思ってると数か月なんて平気で過ぎてしまいます。

ただ、その分釣れた時の喜びも大きいですし、有名な場所じゃないので自分だけの秘密のポイントが見つけられたりします。実は私の場合はそれが一番楽しかったりします。

 

 

とにかく魚のいる場所です。

このブログでも私の経験上のポイントを紹介しますが、まずは「みんなが釣れている場所」で釣ってみるのもいいと思います。そこで何かしらの知識を得て帰り、近くのサーフor港で似たような条件、状況を探し出してルアーを投げてみてはいかがでしょうか。そのときは私のブログも参考になってたら嬉しいなと思います。

 

関連記事

 ってなわけで、いろいろと試した結果一番分かりやすく釣りやすいポイントがあることに気づきました。それはどんなところかというと… 「港の外」 普通は港の中でルアーを投げますよね?港の中でもいろんなポイントがあるかと思います。私もいろいろと...

 

 港の内側でも外側でもいいですが、潮の当たるポイントでルアーを投げると釣れやすいです。私が水の中を泳いで見てきたわけではないですが、以前にも話したように浮き釣りをしているとなぜかこのコースで小魚のアタリが頻繁にあります。そしてこの場所でシーバ...

 

~ 釣れない ~私もルアーを始めた初心者の頃、あまりにも釣れなくて釣れなくて、Googleで 「シーバス ヒラメ ルアー 釣れない」 と何度も何度も検索した覚えがあります。いつか必ず釣れます。大丈夫ですよ。このブログのコンセプトは 『初心者の方にまず一匹を...

 

以前、私のおすすめのポイントである港の外についてお話ししました。今回はもう一つおすすめのポイントを紹介します。それは ヘッドランド です。 出典:茨城県HP※釣り太郎は茨城在住ではありません。これは釣りのポイントとしてけっこうネットのいろんなところで紹...