kimg1332-83075

 

記事追記しました。こちらも是非ご覧ください。

“あわせ”の大切さ
「ルアーでヒット!その後のやりとり」 の話の中で、私はあえて “あわせ” をひとつの項目として分けました。それは “あわせ” がそれほど重要だと思うからです。重要だというのは、あわせによって『釣れる、釣れない』という問題だけではありません。(もちろんそれも...

 



スポンサーリンク

ガックン!!

さぁ、根掛かりしたようなアタリがありました!

ヒットです!!!

どうしますか???

 

%e3%83%92%e3%83%83%e3%83%88001

 

まずはすぐに一発「あわせ」を入れます。これで針を魚の口にしっかりフッキング(掛けること)させます。どのくらいの強さかというと、針が魚の口にしっかり刺さるくらいの強さです(^^)つまり大げさにやる必要はありません。要は針が掛かればいいんです。

 

例えばですが、水の入った2リットルのペットボトルを糸の30m先に付けて、腕と手首のスナップをきかせて瞬間的にグッ!パタン!とやって倒す程度でいいです。コツはできるだけ【瞬間的に】やることです。それくらいであれば、あとは難しく考える必要はありません。ちゃんと刺さってます。それでもし外れたなら、魚のくわえ方が浅かった、針の刺さり所が悪かったとあきらめてください。実際そうですから。

 

あわせを行って魚の口に針を喰い込ませたら次のステップ前半戦へと突入します。つづく