2567

 

寒くて魚の気配がなかったですが、3月に入りだいぶ気温も上がってきたので近くの漁港でウキ釣りをしてみました。

 

 前回、12月~1月にルアーでシーバスが釣れにくくなるという話をしました。今回はルアーで釣るのをあきらめ、浮き釣りを試してみました。餌は青イソメです。 前回の記事まずは、河川の下流域のいくつかのポイントへ行きました。アタリなし…。次は夏に入れ食...



スポンサーリンク

魚がめっきり少なくなってしまった前回と違い、今回は少し魚っ気が感じられました。

30分ほどで2匹釣れました。

2565

2566

 

ウキ釣りでのポイントはゆったりと流れがある場所を選ぶことが重要かと思います。

流れがなくてウキがその場でずっと停止しているのではぶっこみ釣りと変わりませんからね。ウキ釣りのいいところは “点” で釣るのではなく “線” で釣るということです。線で釣ることで広範囲を攻めることができるようになり魚と出会う確率もぐっとあがります。

もう一つのポイントはたまにウキを引っ張って動かしてあげること。そうすることで餌も引っ張られ同時に動きます。このときに魚が反応して食いつくことが非常に多いです。私は本気で釣ろうと思っているときはウキ釣りでも30秒に1回は動かしてます。竿をゆっくりとひとしゃくりする感じです。

実は今回の2匹もウキをスーッと動かしたときに食いついてきました。おそらく魚にとっては水流に任せてただ流される餌ではなく、水流と関係のない動きをする餌は目立つのだと思います。



スポンサーリンク


それにしても魚の気配がようやく感じられるようになってきました。きっとすでにスズキくんたちの活性も上がっていることでしょう。ルアーに反応する確率もぐんと上がっているはずです。そろそろ狙いにいってみようかな。

 

関連記事

 私は“ぶっこみ釣り”や“浮き釣り”も好きです。夜に電気浮きでやることがほとんどですが。シーバス、クロダイ(チヌ)、キビレ(キチヌ)が釣れます。ルアーと違いゆったりと釣りができていいですね。ガスコンロとヤカンを持参して、カップ麺を食べたりコーヒーを飲...

 

 港の内側でも外側でもいいですが、潮の当たるポイントでルアーを投げると釣れやすいです。私が水の中を泳いで見てきたわけではないですが、以前にも話したように浮き釣りをしているとなぜかこのコースで小魚のアタリが頻繁にあります。そしてこの場所でシーバ...

 

クロダイのベイビーちゃん、かわいいですね♪♪ 金曜日の夜。会社の同僚と近くの港へ。おしゃべりでもしながらまったり浮き釣りを楽しみました。 セイゴ キビレ(キチヌ)  ちなみ写ってる私の足は28cm そしてチビクロダイちゃん 静かな夜...

 

 昨夜は久しぶりに会社の同僚と前回とは違う河川の河口内シャローに出掛け、のんびりと浮き釣りをして楽しみました。餌は青イソメ、浮き下の長さは1mほどとかなり短いです。今回釣りをした河川には岸辺に葦が生い茂っています。以前の記事でも話したように、こ...

 

私はルアーを始める前は、“ぶっこみ釣り” や “浮き釣り” をメインで楽しんでいました。今回はちょっとブログの趣旨とは異なりますが、「私の浮き釣りと釣り方」 について書いてみたいと思います。やってみたことがない方も是非浮き釣りにチャレンジしてみませんか?...

 

よく漁港などの流れのない場所で、ただただ同じ場所でウキが浮いているのを見たことがありますが、私の場合は必ず “流れのある場所” を選びます。例えば、潮の当たる堤防や反転流の発生する場所などです。浮き釣りをするポイント潮の当たる堤防とは、以前書いた 『【...