e6b2b3e58fa3e382b7e383a3e383ade383bc02

前回の河口内シャローでは川岸の植物の際を狙って釣果がありました。

先日の河口内シャローで釣れたシーバスは親戚のみなさんに振る舞い、みんなで美味しくいただきました。大好評でした♪今回また河口内シャローに行ってみました。ここの河口内のシャローは水深1mほどと非常に浅く、牡蠣殻のついた岩などの根も多いのでどうしてもルアー...



スポンサーリンク

ここを狙う理由は私の好きな “うなぎ釣り” の経験によります。

e38186e381aae3818e1

うなぎという魚は実は獰猛で雑食で何でも食べます。ミミズ、カニ、エビ、小魚なんでも食べます。私もいろいろと試しましたが、ミミズとアユの切り身が一番反応がよく、好みのようです。うなぎは動物性のたんぱく質の匂いを嗅ぎつけるということなので、ビーフジャーキーでも餌になるらしいのですが、さすがにそれは試したことがありません(^^;)

dsc_0851

うなぎは夜行性です。夜になると昼間は隠れていたエビやカニ、小魚がどこからともなくたくさん出現します。私がうなぎを釣るときは、夜の川でこれらのエビなどを獲って餌にすることもあります。簡単にタモ網で獲れます。

これらの生物は整備された護岸よりも葦などの茂っている岸に多く見られます。そして、うなぎがよく釣れるポイントの一つがまさにそのような場所です。水深のある川の中央に仕掛けを投入するよりも、多少浅くても植物の生い茂る岸際のほうがよく釣れます。そこはやはり生態系の豊かなポイントなのだと思います。

e891a6

植物の生い茂る岸際はプランクトンが多く、エビ・カニが集まり、それを求めて小魚が集まる。そして小魚を狙いにフィッシュイーターであるシーバス(スズキ)クロダイ(チヌ)キビレ(キチヌ)、ナマズ、またはスッポンなどのカメ類が寄ってくるのだと思います。

そのようなポイントでは、ひざ下くらいの浅い場所でも大きな魚がうろうろしていることがあります。たまに グァポッ!!! とか ガバァッ!!! と大きな魚が捕食活動をしていることがあります。ですから、私はそのようなポイントがあればそこを狙ってルアーを投げます。

大体の河川は護岸整備され、このようなポイントは少なくなっているのかもしれません。ですが、そんなポイントもあるということで、もしもそのようなポイントを試したことがないという方は狙ってみるのもよいと思います。



スポンサーリンク


関連記事

にょろにょろ~♪私はウナギ釣りも好きです。川でウナギを釣っているとナマズやスッポンも釣れます。そちらのブログも立ち上げようかと思ったりもしている今日この頃。先日、知人がウナギを釣ったというので私がさばいて炭火焼にして食べさせてあげました。ウナギ釣り...
私が初めてシーバス(スズキ)を釣ったのは、当時ハマっていたうなぎ釣りをしているときでした。当時はスズキがいるということは聞いていましたが、まったく釣りの対象ではなかったのですし、まさか釣れるなんて思ってもいませんでした。あの日、夜10時くらいに河口...
昨夜は久しぶりに会社の同僚と前回とは違う河川の河口内シャローに出掛け、のんびりと浮き釣りをして楽しみました。餌は青イソメ、浮き下の長さは1mほどとかなり短いです。今回釣りをした河川には岸辺に葦が生い茂っています。以前の記事でも話したように、このよう...
先週土曜日の釣果です。週末、ちょうど長く続く雨の合間に数日晴れ、水の濁りも少し収まってそうだったので例の葦の茂る川に行ってきました。前回浮き釣りをしたあの場所です。葦の茂る川についての関連記事80cmぴったんこのシーバスが釣れました。今回は、このブロ...